色を塗り、刺繍を重ね、そして仕上がっていく

0

    いよいよハンドメイドインジャパンフェス2015も今週末!
    ちゃんとした告知もせぬまま、時の経つのは早いものよのぅ・・

    軽く告知しまーす。
     

    HandMade In Japan Fes 2015 2015年7月25日(土)・26日(日)

    "HandMade in Japan Fes 2015"に出店いたします。
    葉っぱ屋は、7月25日(土)のみの出店となります。

    今回展示・販売するものは、『植物刺繍画』を中心とした作品です。
    ミシンで細かく刺繍した植物画の実物を、皆様にぜひ見ていただきたいと思っております。

    HAPPa-Ya 〈葉っぱ屋〉:ブースNo. F-114
    HandMade In Japan Fes 2015
    2014年7月25日(土) 11:00〜19:00
    東京ビッグサイト 西1・2ホール&野外展示場&アトリウム
    主催:Creema


    というわけで、
    土曜日におヒマな方はぜひ。


    新緑  新緑  新緑


    さてさて、前回はどうやってミシン刺繍をしているかお見せしましたが、
    いよいよ着彩と仕上げ刺繍で、ガンガン完成度を上げていきますよ!

    もともと、水彩画と、水彩画風のリトグラフを得意としているワタクシ、
    着彩となるとちょっとワクワクします。
    というか、絵筆を持つとワクワクするのかな。

    刺繍画の着彩には、染織用の顔料を使います。
    私が使っているのは、田中直という染織材料専門店の「エスカラー」という
    樹脂顔料系の絵具。



    あくまでも「ちょっと塗り」なので、水と専用の薄め液で使える簡単な染料で十分です。
    実はこれ、もうかれこれ20年前くらいに購入したものなんだけど、
    今でも全然問題なく使えてます。すごーい。
    混ぜ合わせればかなり微妙な色も簡単に作れます。




    愛用の菊皿。
    ベースとなる色を多めに作って、そこから別にちょこっととって、
    薄め液で濃度を調整しながら、塗っていきます。




    試し塗り用の布。
    前回作った時のものなので、今回使わない色も乗ってますね。
    ああ、やっぱり水彩系の色は好きだ・・




    準備ができたらどんどん塗っていきますよー。



    ディルのような細い葉っぱの場合、
    「塗るとこないじゃん!」という感じなんですが、
    それでも無理矢理細い葉っぱに色を重ねていきます。細いので緊張します!
    でも、わざとちょっとはみ出すように塗ると、少し柔らかさが出るかな・・




    ベランダで栽培しているイタリアンパセリをちょっと頂戴して、
    色見本にしたり・・やはり実物があるといいですね。
    実物が入手できないものは、写真を参考にします。




    というわけで、全部塗り終わりました!
    布地が染料を吸い込むので、乾くと思ったより薄く出来上がりますので、
    大抵は二度塗りします。
    二度塗りをしながら、色の濃淡なども調整していくのです。


    新緑  新緑  新緑


    色がつくと、ぐっと楽しい感じになっていきますね。
    でも、ここからが本番!
    いよいよ仕上げステッチです。
    仕上げといっても、ステッチは全体に施すので、
    最初のミシンで縫うよりも多くのステッチが入ります。

    以下、ディテイルの写真を見て貰えれば・・・



    ミントのザラザラ感が表現できたかな?
    このジグザク縫いは、一筆書きができないので、ラインごとに糸を切っては縫ってます。
    これをやると、実は裏の糸の始末が大変なの・・・



    パセリの場合、構図に花を入れていないので、
    葉っぱだけで楽しさを表現するため何色か違う色味の緑の糸を刺繍しています。
    この辺のバランスが難しいですね。


    ミシンによる仕上げが終わると、最後に花を刺繍します花
    花びらの柔らかさは、リボン刺繍で表現します。



    どの色にするか、決めるのが楽しい〜〜♪
    ミシン刺繍に手による刺繍が入ると、なんか厚みが出る感じ。



    ディルは小さい花なので、普通の刺繍糸を使おう。
    フレンチノットというステッチですね。



    タラゴンは花びらが大きいので、リボン刺繍。
    中心部分は普通の刺繍糸。
    こういうテクスチャの違いが面白いのです。

    そんなわけでこれで完成でーす。





    新緑  新緑  新緑


    使用前、使用後を並べてみますねー手

    1)ミシン刺繍のみ


    2)着彩済み〜〜


    3)仕上げ刺繍で完成!


    と、こんな感じで刺繍画ができるのでございます。

    ハーブにも本当に色々な形があり、
    それぞれの特性を活かしながら刺繍をしていく過程は、
    植物を知る過程でもあります。

    今回のハーブのシリーズは、割と実物に近い形で、きっちりと作っていきましたが、
    それぞれの形を探る旅でもあったのかもしれません。

    これからそれをさらにアレンジして、
    もっと不思議な植物を作っていけたら良いなぁ・・

    それにしても、また凝り過ぎちゃったかも・・・アセアセ


    ちなみに・・・
    ハーブ作品には、木枠をつけているんですが、
    それも手作りで工作しておりまする工具



     

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>

    books

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM